結婚というのは、似た者同士がするもの

結婚というのは、似た者同士がするもの

両親が離婚したのは、私が22歳の時でした。
原因は父のモラハラです。
父は祖母に溺愛された長男坊ちゃんで、自分が一族の中心であることに気負っており、そのために母を貶めて相対的に自分の地位を高める、という人間的な実力が全くない男性でした。
話し合いは平行線で、結局家庭裁判所の調停で離婚の手続きを進めました。

家庭はいつも窮屈で、私は一人暮らしをしたくて、遠隔地の大学に進学しました。
その後、両親とはそれぞれ時々会う、くらいの関係を続けました。

最近、両親が老後と呼ばれる年齢になり、自分たちの面倒を見てほしいという態度をとられました。
不快に思ったのが、私との話し合いを経てお互いの都合を調整するという手順を踏むのではなく、「育ててやったんだから俺たちにお前の方が恩義があるのが当然、こんなこと言わなくてもわかるだろう、空気を読め」という態度をとられたことです。
何故かほぼ同時期に、別居中の母からも似たようなことを言われたので、びっくりしました。
この時、それに応えるだけの「情」の貯金が、私の中に全くないことにはっきり気づいたのです。

父の私に対する態度は、私に「今まで面倒を見た自分の老後の面倒を見るべき歯向かわない従順な娘」であること、
被害者だと思っていた母も「世界で一番かわいそうな私のよき理解者で、自分を養う義務があることをわかっている娘」であることを要求するばかりで、
2人とも、何一つ自分でまずなんとかしようとする意思がありません。

ああ、結局は、自立できない、他人を当てにするばかりの自分勝手な似た者同士の人間が結婚したんだなあ、と目が覚めました。
離婚してそれなりの年月が経過していても、両方が同じことを要求するのです。

現在、両親とは心理的・物理的ともに相当の距離を置いています。
子供の目からも被害者と加害者の関係に見えても、根底ではよく似た者同士との縁があるものなのかもしれないと、今しみじみ感じます。

@ 2017 Esol Theme powered by WordPress Developed by ASIATHEMES